やってみましょう

ダイエット リフトアップ

シンプルが一番。90歳の親戚に学んだこと

f:id:yaruyukako:20170731215642j:plain

ここ数週間、あるお宅の掃除をしていました。

今も継続中です。

 

わたしの親が、親戚から家を一軒譲り受けました。

家一軒まるごとなので、今ある不用品や家具なども全部です。

それが割と大きな家で、家だけで60坪近くあり、部屋数も多く、しかも収納が多い。

そこに90歳すぎのおじいちゃんが一人で住んでいましたが、病気で入院してしまい、もう家に戻る事も出来ないようです。

奥さんは認知症で施設に入っており、子供はいません。

 

ということで、親が譲り受けたこの一軒家の掃除が始まりました。

 

お年寄りは物をためこむ習性があるのか

二人暮らしなのにこの部屋数。この広さ。そしてこの収納スペース。

いたるところに押し入れや棚、タンス、といった収納スペースがあり、それぞれにびっしりと物が入っていました。

 

むかーしむかしの石鹸数十個、使い古しの歯ブラシ、新品の歯ブラシ合わせて数十本、

粗品のタオル山ほど、お店?と思うくらいの食器の数、あとアホかってゆーくらいの数の布団・・・。

その他、色んなお土産品や雑貨など、ありとあらゆるものが出てきました。

大事にとっておいたんでしょう。

捨てに捨てられないものもあっただろうし、もったいないととっておいたものもあるんでしょうね。

 

しかし、すごい数の物を捨てました。

軽トラック二台、それより大きいトラック一台分の物を捨てました。

それでもまだ終わっていません。

 

キッチンもすごかったです。

引き出しを開ければゴキブリのふん、棚を動かせばゴキブリの卵、

もうね、すごかったです。

 

若い時に片づけておくべき

わたしは昨年、かなりの物を捨てました。家をすっきりさせたくて。

 家をすっきりさせたいと思ったのは、自分が死んだときの事を考えたからです。

今のこの家、いらないものが多すぎる。全然片付かないし、何がどこにあるかわからない状態でした。まぁ、今もなんですけど。

 

自殺しようと思いつめた人が、このままの部屋じゃ汚すぎて死んだとき恥ずかしい、とかいう理由で片づけを始めたら、それがなんだか楽しくなってきて、部屋がきれいになる頃には、自殺願望もすっかりなくなっていた。という話をネットで見ました。

 

その頃のわたしも、自殺願望とまではいかずとも、人生に疲れていた頃でした。

その話を読んで、わたしも、このままの家じゃ死んだ時恥ずかしいな。夫や子供が、後片付けが大変だろうな。よし、片づけようと思ったのが始まりではありました。

片づけたり、物を捨てたりしながらあれから時が経ちましたが、今もなんとか生きています。

 

さいごに

片づけながら家族と話したのは、物はため込むものじゃないな。という事でした。

親戚はお金もたくさんあるようで、お金を持っているのはいいことだけど、使わずにただ持っているだけというのも大変だなと。

実際この親戚は、特に旅行とか楽しい事もしていませんでした。

愛があればお金はいらない、とは絶対言いません。愛もお金もたくさんあった方がいいに決まってます。

でも、ある程度は残したとして、やっぱり人生楽しまないともったいないと思いました。

物をため込んでしまって、自分の夫や子供が大変な思いをするのは悲しいです。

家の中も、持ち物も、暮らしも、ごくごくシンプルに、楽しい事をして過ごしたい、本当にそう思いました。

親戚に学んだような気がします。