やってみましょう

ダイエット リフトアップ

ブラジリアンワックスを手作りしてみた

ブラジリアンワックス 手作り

ブラジリアンワックスを手作りして、お家で自分で脱毛している人が増えているようです。あなたはどんな方法で脱毛してますか?

 

わたしは今まで、カミソリ、除毛ワックス、ノーノーヘアという器具を使うくらいしかしてきませんでしたが、今回手作りのブラジリアンワックスで脱毛に挑戦してみました。この記事が誰かの役に立ちますように。

 

ブラジリアンワックスは手作りできる

 

作り方はいたって簡単。

材料

・砂糖   大さじ5

・レモン汁 大さじ5

・水    大さじ5

 

これらを全部鍋に入れ、焦げないように混ぜながら煮詰める。

それを瓶にうつします。以上。

 

ポイント
だんだん茶色くなってきますが、やりすぎ注意です。火にかけた鍋の中では少しゆるいかな、というくらいで火からおろしてください。そうでないと、瓶に移して冷やしている間にカッチカチにかたまってしまいます。まぁ、そうなってしまっても数秒チンすれば使えるんですが。この時、水を少し足してチンするといいですよ。あとはグルグル混ぜて下さい。

 

ブラジリアンワックスの使用方法

ブラジリアンワックスは、ベリッとはがすタイプの脱毛なので、布みたいなやつが必要です。

わたしは、手拭いを6センチ×3センチくらいの大きさに切って使いました。

 

そしていよいよ脱毛開始です。

わたしのやり方としては、スパチュラでワックスを少量とり、肌(毛)に塗る、そして切った手拭いを張り付け、少し待ってから一気にベリッ!とやりました。

手拭いを小さくカットしたのは、一度に広範囲は無理だな、と思ったからです。少しずつ進めていった方がいい気がします。

 

一回で抜けなかったからといって、同じ場所を二回やるのは危険です。

わたしは始め、一回目で抜けなかったので同じ場所を二回やったら、紫色に内出血しました。次の日には治りましたが、お肌に負担もかかるでしょうからやらない方が無難だと思います。

 

そして、脱毛する場所のムダ毛は長すぎると抜きづらいので、ハサミで一センチほどにカットしておきましょう。てか、そんな伸ばしてる人もあんまりいないか・・・。

逆に、短すぎてもダメなんで生やしてください。

 

毛の生えてる方向ってありますよね。あれに逆らってベリッとやってくださいね。

 

それと、ベリッとやるとき、躊躇してはいけません。しっかり布を掴んで離さないでください。あの布をはがしきらなかった中途半端の痛みたるや・・・。一人でこそこそやりながら「ぬおぉぉぉおーー!!」って声がでます。

 

ブラジリアンワックスをしてみての感想

 

痛くないことはない。でも、死ぬほど痛いわけでもない。

かといって痛くないかというと、やっぱり痛い。

まぁ結局は痛いんですがね。

でも、うまく抜けた時は気持ちがいいです。はがした後の手拭いをまじまじと見て「おぉ、抜けてるぅ。」とうれしくなります。

 

ただね、やっぱりわたし器用じゃないので、難しいなあと思う部分もあり。

場所によりますね。人にしてもらうのが一番いいのかもしれません。

でも、かみそりで剃った次の日にはもう生えてきとるやないかい!という事もなく、チクチクもしないし快適です。あとは慣れでしょうか。

ぜひ挑戦してみてくださいな。